POVO2.0とラインモミニプランどっちがお得??通常の20GBプラン以外を比較!!

お金のため方
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです。
今回はPOVO2.0のプランとラインモのプラン比較でどういった方がどちらに向いているかを比較していきます。
結局この2つのプランどっちがいいの?どんな人に向いているの?金額一緒だからどっちも一緒でしょ?と思うところですが、使い方によりどちらのほうが向いているというのがありますので、参考にしてみてください。

それではいつもどおり結論から入らさせていただきます。

結論
  • POVO2.0ってどんなプラン?基本料0円で自由度の高いトッピングのプランです。
  • ラインモミニプランってどんなプラン?ラインモの3GBプラン
  • POVO2.0とラインモどっちがお得?それぞれのおすすめの人
  • 最終的にはUQモバイルなどのプランと比較する必要もある。選択肢の中からワンプランを選ぶことが大切。

POVO2.0ってどんなプラン?基本料0円で自由度の高いトッピングのプランです。

いきなり比較と言われてもそれぞれよくわからないよということもありますので、まずはPOVO2.0のプランについて説明をさせていただきます。

POVO2.0は自由度を上げるプランとして、POVOが新しく出してきました。
それがPOVO2.0です。
このプランは基本料金が0円すべてトッピング(課金制)になっています。
例えばデータを1GB使いたいのでその分をトッピングして1GBデータ通信が使えるようになるようなイメージです。
自由度が高い分、使用者からは料金が複雑化したという声と、自由度が高くてさすがKDDIという両極端があるようです。
私は個人的にやるかどうかは別として、今までと違うことをしていてすごく肯定的な意見を持っています。

ラインモミニプランってどんなプラン?ラインモの3GBプラン

ラインモミニプランはラインモが他の低価格プランがある中20GBのみだったものを3GBの通信量が少ない低額プランを出したものです。
これによりラインモを使っている人は3GBの人は安いプランを選択することができるようになりました。

ラインモの特徴はLINEのデータ使用量が通信量にを減らさずに利用できるのが大きな特徴です。
LINEでよく画像などを送るような方はこういったプランを選ぶのも大事です。
是非自分にあったプランを選んでみてください。

POVO2.0とラインモどっちがお得?それぞれのおすすめの人

POVO2.0とラインモの紹介をさせていただきましたが、じゃあどっちを選べばいいの?という意見もあると思いますので、私なりの考えを伝えさせていただきます。

まずは、POVO2.0がおすすめな方は下記のような方です。

  • 通信をほぼ使わず、通話オプションのみ欲しい方
  • 通信も通話もあまり使わずWIFIで普段生活をしている方
  • 3GBにかぎらず自分にあったプランを自分で作成をしたい方
  • その月によって使う通信量にばらつきがある方

POVO2.0は色んなパターンを自分で作成をできるため、プランにないものを選びたい方や毎月の使用量にばらつきがある方におすすめです。
毎月プラン変更をしなくてもすべて課金制なので、必要なときだけ多く注文をすればOKです。

逆にラインもがおすすめな方は下記のような方です。

  • 毎月の使用量がある程度3GBに近い量で安定をしている
  • LINEでデータ通信や通話をよく行う方

ラインモの一番の特徴は、ラインでの通信量がすべて無料である点です。
本来通信量がかかるところを気にせず送ることができるため、LINEをよく利用する方は通信量を気にせず利用できるためおすすめです!!

最終的にはUQモバイルなどのプランと比較する必要もある。選択肢の中からワンプランを選ぶことが大切。

ここまで、POVO2.0とラインモの紹介をさせていただきましたが、他にももちろん3GBのプランはあります。それがUQモバイルなどプランとも可能であれば比較をするとより自分にあったワンプランを選ぶことができます。
UQモバイルはAU経済圏の方におすすめのプランでもあるので、自分にあったものを選んでみてください。
長くなってしまうので、気になる方は下記の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回はPOVO2.0とラインモをメインで紹介をさせていただきました。
今は携帯会社もプランも増えてきているので、その中でどれが自分にあっているか選ぶのが難しくなってきています。
自分で色々調べるの難しいと言った方は、参考にしてみてください。

固定費の見直しは資産形成の大きな一歩になるので、是非見直してみてください。

他のプランもいくつか記事にしてありますのでよければ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
固定費を下げて、楽しい節約、倹約生活を送りましょう!!

ありがとうございました!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました