POVOって結局どうなの?POVO2.0POVO1.0との比較。メリット・デメリット含めて解説

お金のため方
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです!
今回は9月下旬から実装されたPOVO2.0について解説していきます。
基本料0円ということでプランとしては楽天の劣化版と言われることもあります。
ですが、電波でAU回線なので安心です。いろんな声がありますが、解説と個人的な考えも入れながら解説をしていきます。
実際POVO2.0がどうなのかというところも一緒に伝えていければともいます。
それではいつもどおり結論から入らさせていただきます。

結論
  • そもそもPOVOってなに?
  • POVO2.0とは?
  • POVO2.0とPOVO1.0の違い
  • POVO2.0のメリット
  • POVO2.0のデメリット
  • POVO2.0契約の注意点

そもそもPOVOってなに?

POVOは2021年3月にKDDIがWEB手続きに特化(非対面)した新料金プランのブランドです。
POVOは店舗を持たずに、完全にWEB手続き専用にすることで、従来のプランの半額以下になるようなプランが出来上がりました。

POVO2.0とは?

新しくPOVO2.0という料金プランを出して、自由度をさらに上げるプランが出てきました。
それがPOVO2.0です。
このプランは基本料金が0円すべてトッピング(課金制)になっています。
例えばデータを1GB使いたいのでその分をトッピングして1GBデータ通信が使えるようになるようなイメージです。
自由度が高い分、使用者からは料金が複雑化したという声と、自由度が高くてさすがKDDIという両極端があるようです。
私は個人的にやるかどうかは別として、今までと違うことをしていてすごく肯定的な意見を持っています。

POVO2.0とPOVO1.0の違い

https://povo.au.com/pr/202109/spec/

povo公式サイトからリンクを引用

POVO2.0とPOVO1.0の比較をここからはさせていただきます。
もっと細かい内容が知りたい方は上記に公式サイトのリンクも入れてありますので、よかったら参考にしてみて下さい。

POVO2.0になって変わった点は下記のとおりです。

  • 基本料2,728円(税込)→0円(ただし180日以上有料トッピングがない場合は利用停止、契約解除になるか可能性があるので注意!?)
  • 月間データ容量0G
  • データ容量が0GBの場合の通信速度最大1Mbps→128kbps
  • 契約できる人 20歳以上の個人→13歳以上の個人
  • データトッピングが1GB以外にも選択肢が増えた。(ただし、1GBは7日間で消えてしまう)
  • データ24時間使い放題220円(税込)→330円(税込)
  • コンテンツのDAZN使い放題、smash使い放題パックが追加
  • auから以降のSIMカード 変更不要→変更必要
  • 着信転送サービスなしに変更
  • au家族割プラス 対象→対象外
  • auまとめトーク 対象→対象外
  • 故障紛失サポート 継続可能→継続不可
  • auモバイル優遇割、auご利用料金割引プログラム、au自動車保険割ビイ、auiDeCoauユーザー向けポイント特典がすべてなしに変更
  • auポイントプログラム 対象→対象外
  • LINEの年齢認証サービス 対応→非対応

たくさんありますが、重要なところは赤くしてみました。
自由度が高くなった分、ポイント関係などの優遇もかなり悪くなっているので、自分がどれを利用をしているか、それによってどれくらいの金額が得になっているか理解をしてからの変更が大事です。

POVO2.0にした場合は現時点ではPOVO1.0に戻る手段はありません。
そのため変更をするのであれば、慎重に変更をしたほうが良いかもしれません。

POVO2.0のメリット

色々並べましたが、POVO2.0のメリットについて説明をさせていただきます。
まずはメリットを上げていきます。

  • 基本料が0円で必要なものだけをトッピングできる。
  • 契約が成人をしていなくてもできる。13歳以上で契約可能
  • データ容量の選択が1GB単位まで行える

大きなところは上記になります。

基本料0円で必要なものだけをトッピングできる。

POVO2.0の一番の魅力は基本料0円で好きなものだけ追加をすればよいということです。
極端な話であれば、データは全くいらないので、通話無料オプションの見つけるといったことができます。
いままでネット回線を利用がついているのが当たり前でしたが、POVO2.0はそれがいらないのがメリットです。
ただし、注意点として180日間なにもトッピング利用がない場合は契約を解除や手数料を取られる場合があるとうたわれています。

現時点でまだ開始から3か月たっていないため実証はできていませんが、CMでも公式サイトでも同じようにうたっているため、ここだけは注意をしておかないと余計な手数料を払うことになります。
1GBの通信でも利用をしておくことで、ここはクリアできるので、どうしても180日過ぎそうになってしまった場合は一番安いものを利用するのも一つの方法です。

契約の年齢に関しては追加の説明はなしで、通信料に関してです。

データ容量の選択が1GB単位まで行える

データ容量の選択が1GB単位で行えるようになった点は大きいです。
今までPOVO、AHAMO、LINEMOと20GBを基本とするプランがメインでした。

それに対してLINEMOが3GBのプランを出し、POVOが1GBから選択できるプランを出しました。
家庭にWIFIがある場合は1GBもあれば足りてしまう人も中にはいらっしゃいます。
ましてや家の外で通信をしない人からすれば、好きに選べるのは大きなメリットです。

ただ、まったく外で使わない前提であれば楽天モバイルでWIFIという方法もありますので、自分に合った方法で携帯も選ぶ必要があります。

POVOの2.0のデメリット

1番大きなデメリットはたくさんのサービスの対象外に1.0から2.0になることで変更になってしまったことです。
箇条書きでたくさん書きましたが、家族割なども対象外になっています。
家族全員で変更する場合は良いですが、家族全員で変更でない場合の足かせになる状態です。

そして24時間データ使い放題の料金が上がったことです。
これはネットでもかなり大きく騒がれていました。
この日だけ旅行でずっと外だから使いたいなどそういった人へとても良いサービスでしたが料金の値上げになりました。
もちろんもともとが安すぎたということもありますが、それでも実際に使う人からしたら気になる部分です。

POVO2.0契約の注意点。POVO1.0に戻ることはできない。

・POVO2.0契約の注意点ですが、一番大きなところはPOVO1.0を契約をしている人が2.0にした場合は、あとから1.0に戻すことができない点です。
POVO1.0とPOVO2.0の違いをたくさん書いてきましたが、やってみてやっぱり微妙だったから戻そうとはできないので、POVO1.0を利用している方は慎重に変更してください。

そして何度も書いていますが、180日間トッピング契約がない場合は契約解除などになる可能性があるため注意が必要です。かならず契約をしてから日数は計算しておきましょう。万が一契約解除になり復活の手数料を払ってしまうのはもったいないです。

まとめ

今回はPOVO2.0について記事を書いていきました。
ネットをあまり利用をしない、通話は欲しいなど少しほかのプランと違う特殊な使い方をしたい方にはおすすめのプランです。ただし、今まであるようなプランで満足の場合は料金が極端に下がるきっかけにはならなさそうです。

使い方によってはUQモバイルやYモバイルなどの3大キャリアのサブブランドのプランのほうが良い点も多いです。実際経済圏が合えば、990円(税込)のプランも通信量3GBであるので、どちらが良いか選べる時代になってきました。

UQモバイルの詳しいプランの説明は下記の記事を参考にしてみて下さい。

たくさんのプランが出てきたので、その中から自分に合ったプランを選ぶことが大切な世の中になってきました。
プラン選びの参考にしてみて下さい。

3大キャリアでたLINEMO、AHAMO、POVOの比較の記事もありますので良かったら見てみて下さい。

みんなで楽しい節約、倹約生活を送りましょう
ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました