マネックス証券のクレカ積立ってどんなもの?お得なの?どうなの?

投資
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです。
今回はマネックス証券がマネックスカードを作ることで、クレカ積立と同時にポイント還元もあるということを発表しました。
でも実際どうなの?など含めて今回の記事で紹介をさせていただきます。
クレカ積立をするうえでポイントの使いやすさも大事なので、そこも一緒に説明をさせていただきます。

それではいつも通り結論から入らさせていただきます。

結論
  • マネックス証券のクレカ積立ってどのカードが対象?還元率は?
  • マネックス証券でたまるポイントって何に使えるの?
  • マネックスカード作成の注意点。マネックス証券を先に作らないと作れない!?

マネックス証券のクレカ積立ってどのカードが対象?還元率は?

今回マネックス証券が新しくクレカ積立の市場に参戦をしてきました。
ここで大事になるのが、どのカードが対象なのかとポイント還元率です。
結局どのカードで還元率がどれくらいなのかが一番大事になってきます。

マネックス証券のクレカ積立のカードはマネックスカードになっています。
そしてポイントの還元率は1%となっています。

実際楽天証券の1%やSBI証券の0.5%を見ると十分戦える還元率で参戦になりました。
これにより今後SBI証券や楽天証券がどう動いていくのかも、見ていく必要があります。

マネックス証券でたまるポイントって何に使えるの?

ポイントの還元率ももちろん大事ですが、結局それが使いづらいポイントであれば本末転倒です。
ポイントはいくらもらっても使わなければ1円の価値もないものです。
マネックスカードでたまるマネックスポイントは現時点では投資にはまだ回すことはできないものの、ポンタポイント、アマゾンギフト、Tポイントなどいろんな選択肢で交換をすることができます。
細かい内容に関しては、下記のまねっく証券公式サイトのURLをチェックしてみて下さい。

https://info.monex.co.jp/service/point/use/index.html

マネックス証券公式URL

ポイントはこの方法でしかい使えないというものがある中、自分でどのポイントに変更をするかを選ぶことができるため、自分が使っていたり、使いやすいものに交換をして使用ができるポイントになるため、幅広い層に満足感を与えてくれそうです。

私もさっそく申し込みをしていきました。
今は楽天証券SBI証券でやっていますが、ここにマネックス証券を入れつつ、金額をどこの比重を入れるかを順位変動させていこうと思います。

その時にお得なところをしっかりつかんでいくことが大事です。

マネックスカード作成の注意点。マネックス証券を先に作らないと作れない!?

マネックスカードを作成をする際に注意点がいくつかあります。
まず1点目がマネックス証券を作ってからでないとマネックスカードが作れないということです。
マネックスカードだけ先に作るなどは現時点ではできないため、注意して下さい。

そして2点目が現時点ではポイント投資ができないという点です。
現時点ではまだ予定となっていることが多いため、今後情報が修正されポイント投資が開始される可能性もありますが、SBI証券などの流れも考えるとあとからできるようになるのが確率としては高そうです。
それまでは自分が今使っているポイントに変えて、その浮いたお金で投資に回すのがよさそうです。

まとめ

今回はマネックス証券がクレカ積立を2021年1月以降を目標に動き始めていることの紹介でした。
最新情報がで次第また記事にてご連絡をしていきます。
今後の楽天証券やSBI証券などに関してはこの記事で書くと長くなるため、下記の記事で記載をしていますので、参考にしてみてください。


いろんな視点で考える必要がありますので、私なりの視点で記事をまた書いていきます。

今後は私もマネックス証券の口座を作成をして、記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

皆さんで楽しい節約、倹約生活を送っていきましょう!!
ここまで読んでいただきありがとうございました!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました