住宅選びのメーカー選び。見るべき点。注意すべき点

住宅
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです!!

今回は私がやった住宅選びのポイントを記事にしていきます。
大前提としてこれが絶対正解はありません。自分にとって大事なことを見極めることが大事です。
今回は住宅

それではいつも通り結論から話をしていきます。

結論
  • 住宅メーカーを選ぶ際のポイント
  • 住宅の営業さんとのつながりも実は大事。
  • 地元の土地にどれだけ精通しているかも大事。
  • メーカーを決めるときの注意点、資料請求をすると紹介キャンペーンが受けられなくなることも!!。

住宅メーカーを選ぶ際のポイント

住宅メーカーを選ぶ場合のポイントについて解説をしていきます。
住宅メーカーを選ぶ際に見るのはどういった建物を建てているかだけに気を取られがちですが、ほかのものも選ぶ際に大切だと感じました。

  • 住宅メーカーの強み弱みを理解する。
  • 住宅メーカーの建売物件は必ず見ておく。
  • 自分が探す土地を見つけられる情報収集力がどれくらいあるか
  • 営業さんがこちらへ寄り添ってくれるのかどうか?
  • 営業さんがしっかりデメリットなどもしっかり伝えてくれるか?悪いところばかり言う場合も注意

いくつかあげさせていただきましたが、意外と建物のこと以外にも大切なことがあります。
もちろんあくまで私が感じたことなので、一つの意見としてとらえてみて下さい。
それではそれぞれ解説をしていきます。

住宅メーカーの強み弱みを理解する。

住宅メーカーの強み弱みをしっかり理解することが大切です。
固有名詞は出しませんが、鉄筋であればこのメーカーであれば間違いなく断熱もされていてよいけど、その代わり値段がかかる。
断熱を考えたらこのメーカーはよくて、値段は安いけどもその代わりある程度どういう形に内装の形の融通がききにくいなどあります。

いろんな企業がありますが、こういったメーカーごとの強みを理解した上で、自分がどれを求めているかで選ぶことが大事です。

住宅メーカーの建売物件は必ず見ておく。

購入を検討する住宅メーカーあれば、最後には必ず建売物件を見ておくとよいです。
なぜなら、住宅展示場はメーカーがこれでもかってぐらい良いものを詰め込んでいますが、
建売の場合は実際に買ってもらえるぐらいのレベルで作っているから
です。

実際に住宅展示場のものと建売のもので雰囲気が少し違ったりすることもよくあるので、ここは自分の資産額と相談をしつつ見ていくことが大切です。

自分が探す土地を見つけられる情報収集力がどれくらいあるか

意外と重要なので、土地を見つけられる情報収集力です。

ホームメーカーによって、情報を手に入れるスピードや得意な地域などが変わってきます。そのため、自分が欲しいと思っている地域の土地に精通しているかどうかは重要になります。

どんなに良い建物であっても、立地があまりに良いところが見つけられなければ、結局その住宅メーカーで購入をするのは難しくなる場合があります。

住宅メーカーを選ぶ際は意外と土地の下調べも大切なので気をつけてください。

営業さんがこちらへ寄り添ってくれるのかどうか?

大事なのが営業さんとの関係性です。どんなにそのメーカーでいろんな種類のものがあっても、自分に最適なものを選んでもらえる関係性が大切です。もちろんメーカーさんも商売ですが、お互いWIN-WINになれるのが一番です。自分たちが売りたいものだけをオススメしてから営業さんがいたら要注意です。

営業さんがしっかりデメリットなどもしっかり伝えてくれるか?悪いところばかり言う場合も注意

どんな住宅メーカーの商品でもメリットとデメリットがあります。どちらかしか伝えてきてくれない方には注意が必要です。

メリットばかり伝えてくる方は、売りたいと言う気持ちがですぎてますし、デメリットばかり伝えてくる方は会社のことをよく思っていない可能性があります。両面をしっかり伝えてどうですか?ときあてもらえる方がいたらすごく素敵ですね。私はこの営業さんに関しては、ありがたいことに良い方に当たりました。

いまだに近所で何かあった時は地震があった時は気にかけてくれています。良い関係が気づけているかなと思います。もちろん修理オプション入って欲しいなどいろんな理由もあるかもしれませんが、しっかりフォローしてもらえると安心感あります。

メーカーを決めるときの注意点、資料請求をすると紹介キャンペーンが受けられなくなることも!!。

メーカーをある程度決めるとき注意が必要です!!

資料請求をした場合紹介でもらえるキャンペーンが受けられなくなったりなど条件がある場合があるので、ここは注意が必要です。

ここはもちろん紹介してくれる方が周りにいない場合は気にしなくて問題ありませんが、紹介する側にもメリットがあるため、探すと使わせてくれる人もいるので購入の時は探してみてください。

まとめ

今回は住宅メーカーを選ぶために感じた個人的注意点などをまとめました。相手ももちろん営業職なので、どうしても利益は必要です。

その上でお互いのメリットを見つけて良い関係をきづくことが大切です。
少しでもメーカー選びの参考になればと思います。
皆さんと一緒に節約、倹約生活ができればと思います。

ありがとうございました!!

関連記事

建売、注文住宅、中古住宅などどれにしたらよいか悩むことはたくさんあります。
そのなかでそれぞれのメリットデメリットを知ったうえでどれが自分たちにあっているかを考えてぜひ選んでみてください。
細かいこだわりがある場合は注文住宅がおすすめなど、それぞれの比較も入れさせていただいています。

下記の記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

住宅を購入するときはついつい外構は最後になり、気を抜きがちですが、その際の費用の考え方や注意点をまとめました。
外構は家に入る前に最初に感じる部分でもあるので、最低限自分がストレスにならないように設計することは大切です。ただし後からもできるものが多いので、余裕のある設計が大切です。

詳しくは下記の記事にありますのでよかったら参考にしてみてください。

住宅選びの際、優先順位など家族での価値観の共有はすごく大切です。
家族内でまとまっていないとなかなか決まらなかったり、どちらかだけが満足する家になってしまうので注意が必要です。
お互いがしっかり納得のできる住宅づくりをぜひしてみてください。

詳しくは下記の記事に記載していますので、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました