iDeCoの出口戦略、始める方法や運用方法だけでなく受け取り方もセットで考える。暴落時もあわてない

iDeCo
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです。今回はiDeCoの出口戦略に関してになります。最初の頃はどうしても入り口と運用方法に目が行きがちです。わたしも実際最初の頃そうでした。でも最後のお金の受け取り方の出口戦略の部分も、一緒に考えることが大切です。ここで損をしてしまったら本末転倒です。しっかり出口戦略も考えた上で進めましょう。それではいつも通り結論から入らさせていただきます。

結論
  • 出口戦略ってそもそも何?
  • iDeCoの出口戦略で見るべき点
  • iDeCoの出口戦略3パターン
  • 受取時期で暴落をしたらどうする?

出口戦略ってそもそも何?

出口戦略はiDeCoで言えば最後に積み立てたお金をどのようにして受け取るかということです。
あくまで目的は積み立ててお金を増やすことではなく、そのお金を受け取って老後の資金にする人がほとんどです。
その中で意外と忘れ去られやすいのが出口戦略です。
洞窟に入って、そこで生き抜く方法は勉強したけど、洞窟から脱出する方法を知らないというのと一緒です。
入口があれば必ず出口があります。必ずどの商品であってもセットで考えるようにしましょう。

iDeCoの出口戦略で見るべき点

iDeCoの出口戦略で見るべき点は下記のとおりです。

  • 何歳から受け取ることができるのか?何歳まで最大運用できるのか
  • 受け取る方法はどんな方法があるのか?
  • 税金はどれくらいかかるのか?

この3つが大きなところになります。それでは一つずつ開設をしていきます。

何歳から受け取ることができるのか?何歳まで最大運用できるのか

みずほ銀行様iDeCo特設ページから引用

基本的には60歳まで引き出し不可で老後資金というのがコンセプトになっています。
ただし、60歳になったからすぐに受給を開始しなくてはいけないわけではありません。
60歳~70歳の間で受給を開始できるようになります。
ただし加入から10年未満の場合は60歳で引き出しができないので注意をしてください。
そして受給延長の最大期間は70歳は変わりません

iDeCoの出口戦略3パターン

みずほ銀行iDeCo特設ページから引用

受取の方法は3パターンあります。
上記の画像にあるようにあります。それぞれ解説をします。

一時金受け取りの場合

一時金として、すべて受け取りをする方法です。
この場合退職所得控除が使えます。詳しい税金の控除の計算式は複雑なためリンクだけ貼らせていただきます。
細かい注意点など特例は別になりますが、下記が一般的な退職所得控除の金額の計算方法です。

国税庁HPから引用


この方法がおすすめの方は、

  • この時点で退職後のお金を必要とする方。
  • このお金をもって投資をするかた
  • 計画的にお金を使うことができる方

この方法がおすすめの方は上記に3つのどれかに当てはまる方です。
一括で受け取った場合は、お金を使ってしまう人の場合せっかく貯めた老後資金がなくなってしまったりします。こういう方は要注意です。

こういった方の場合は一括で受け取らないのも一つの方法です。

一時金受け取りの場合の注意点

iDeCoと退職金はどちらも同じ控除を使うため制限があります。
iDeCoを先に受け取る場合は、退職金までの期間を5年あける必要があります。そうしないと退職所得控除をを最大限利用することができません。

逆に退職金を先に受け取る場合は
退職金を受け取ってからiDeCoを受け取る場合は15年あけない場合は同じ所得控除を利用することはできません。受取を最大70歳になるのでそこまで伸ばしても、55歳には退職金を受け取らないといけなくなりますので基本的にはiDeCoを先に受け取ることをおすすめしています。

年金のように分割受取

年金を受給するように分割で受け取ることができます。

ただし注意点として、分割で受け取る場合、雑所得になるため退職所得とは別になります。そして一回受け取るごとに440円が手数料としてかかってきます。1年間毎月に分けた場合、毎年5280円かかります。これを5年に分けて受け取る場合26,400円かかります。手数料も一回は少なくても回数を重ねると大きくなるのでここも意識しながら行うことが大切です。

この方法がおすすめの方

  • 退職所得控除の枠を使い切っているが受け取りたい方
  • 60歳で退職をして65歳の年金を受け取るまで計画的にお金を受け取りたい方
  • 退職金の受け取りタイミングがコントロールが難しい方

上記にあげたような方へおすすめです。
どうしても退職金の受け取りタイミングのコントロールが難しい方はいらっしゃいます。
その時に役に立つ受け取り方法です。

一時金受取+年間受取

両方のメリットデメリットを中間でやるものです。ただし注意点は手数料のデメリットは中間にならないので注意してください。直近でお金が必要で、その後のお金を取り崩してしまうと全て計画的に使えない場合はこういう方法もおすすめです。

この方法がおすすめな方

  • 退職金で控除枠がすべて埋まっていないが、全ては控除できない方
  • 一時金で一部お金を受け取らないと生活が難しい方
  • すべて受け取らずに65歳まで計画的に受け取りたい方

上記の3つのかたへおすすめです。

受取時期で暴落する可能性もどうするのが良い?

運用しているからこそ受取をするときにはできるだけ多く受け取りたいと思います。
ですが、受取時にかならず暴騰するわけではなく、暴落がくることもありえます。
そんなときにどのような選択肢があるのかを知っておくことが大切です。
非課税メリットも最大限活かして終わりにしたいと考える方が多いのではないでしょうか?
このとき行う方法が何パターンかあるので、それについて解説をしていきます。

  • 受取時期に合わせて現金比率や債権などのリスクの低いものを増やす
  • 受取時期まで通常運用をつづけて、iDeCo終了後特定口座で運用をする。

受取時期に合わせて現金比率や債権などのリスクの低いものを増やす

一般的な方法が受取時期に合わせて、株式の割合を減らし現金比率や債権などのリスクの低いものを増やす方法です。
これは暴落が起きても大きく下がらず、受取にむけてリスクをさげて、暴落に強い運用にすることが目的です。資産をある程度今の金額で固めてしまい、大きな上下をしないようにしていきます。
この方法が向いている方は

  • iDeCoの運用部分をこの先数年で使う予定がある。
  • 生活防衛資金をiDeCoで拡充する予定の方
  • すでにリスクをとる必要がない方

上記の方に向いています。
金額もある程度あり、老後資金は別で運用をしていて、iDeCoの運用での資産形成はここで一旦終わりにする予定の方は圧倒的にこの方法がおすすめです。
そしてこの方法がインフルエンサーの方なども含めてよく発信をされている内容です。

受取時期まで通常運用をつづけて、iDeCo終了後特定口座で運用をする。

逆にiDeCoで運用をした分で、その後も運用をする方もいらっしゃると思います。
私はこの流れで進める予定です。
ただし、もちろん全額を投資に回すのではなく、iDeCoの一部を特定口座で運用するのがおすすめです。
この方法がオススメの方は

  • 生活防衛資金がしっかり確保されている方
  • 受取後も運用を続ける予定の方

平均寿命が伸びている今60歳で運用を止めずにその後も運用をする人も増えていくかもしれません。
老後安心してお金を使えるようにしっかり考えた資産形成が大切になってきます。
老後にお金がなくて不安にならないためにも一定の金額は準備をしておく必要があります。

まとめ

今回はiDeCoの出口戦略について話をさせていただきました。

入り口と運用方法に目が行きがちですが、受け取る時の手数料などもしっかり考える必要があります。
どれが正解とか不正解はありません。自分に当てはめてその時に自分にどれがあっているかというところになります。
私は一時金受け取りの予定で考えています。
理由は退職金のタイミングはコントロールできる可能性が高いこと。
そして退職金制度が現時点ではないということです。
将来どうなるかわからないので、最終的にどうするかはその時の制度次第ですが、現時点では私はこの方法で進める予定です。

iDeCoに限らず出口戦略は大切なことになります。入ったら必ず出る先を見ていくようにしましょう。
長期投資だからこそ暴落してもあわてずコツコツ積み上げていくことが大切です。

iDeCoの注意点に関して詳しくは下記に記事に書いてあります。
手数料など考えておくことが必要になってきます。
ぜひ意識してみてください。詳しくは下記の記事にiDeCoの注意点まとめてあるので、よかったら見てみてください。


ここまで読んでいただきまりがとうございます
みなさんで楽しい節約、倹約生活を送ることができればと思います。
ありがとうございました!!

iDeCo
スポンサーリンク
スポンサーリンク
けんけんをフォローする
子育て会社員のけんけん倹約ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました