保険不要論を信じすぎていませんか?不要なもの必要なもの見極めよう

保険見直し
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです!!
今回は保険のかけ方に関して書いていきます。
みなさん保険は何をかけていますでしょうか?保険を掛けるときのおすすめの基準を今回紹介していきます。
保険は何かあったときに自分の資産だけで反動にもならなかったり、人生がくるってしまうものにかけていくものです。かけ過ぎもいけないですが、かけなさすぎもいけないので、注意が必要です。
それではいつも通り結論から入っていきます。


結論
  • 保険はどんなところに必要?
  • 医療保険ってどんなものが必要?
  • 実際に自分が見直しをした実例
  • 見直しのポイント
  • 保険加入の注意点
  • 保険は定期的に見直しが必要
  • 医療保険の改悪は進んでいく

保険はどんなところに必要?

大事なことは損害が大きくと確率が低いものに保険を掛けることです。
大きな金額が亡くなってしまうと人生がくるってしまったり、支払いができなく借金を抱えることになったりする場合もあるので注意をしてください。
例えば車の対人対物の任意保険です。
ガードレールを壊してしまったり、誰かを引いてしまったりしてしまった場合、想像を絶する金額がかかってきます。場合によっては何億というお金がかかることもあります。
これを自身のお金で支払うのはとても大変だと思います。
ただ自分がそうなる確率は極めて低いです。
そういったものに保険を掛けるのが正しい方法だと考えます。

医療保険ってどんな物が必要?

医療保険も同じ考え方で考える必要があります。
あくまで自分の持っているお金で支払えないものに保険をかけるのが良いです。
例えばですが、100万円お金が貯金がある場合は、100万円以下で治療ができるものは、保険をかけなくてもよいということです。

私の知り合いでびっくりする保険に入っていたかがいました。骨折したときに保険がおりますという保険でした。仕事も接客業で骨折をする確率は低いです。
骨折をした時のお金保険を使ったら1万円前後もあれば完治することも多いです。どんなにかかっても5万から10万だと思います。その金額を毎月保険料を払って備えるのは、保険料破綻に近づいていることになってしまいます。
そして気を付けてほしいのが高額医療費制度というものがあるということを気を付けてください。
ここを知らないとたくさんのお金が必要だと勘違いをしてしまいます。
高額医療費制度は一定額以上かかった場合は国が負担をしてくれる制度です。
1ヶ月10万前後あれば基本的にまかなえるようになります。

高額医療費制度に関しては下記のリンクに記載をしていますので、下記のブログを参考にしていただければと思います。

実際に私の会社の知り合いの保険料を見直ししたら年間30万以上の年間節約になりました。
もちろん必要は車の保険や火災保険などはきっちりかけてもらっています。

生命保険って入る必要がある?


もう一つ大事なのが、生命保険です。
これは自分が亡くなった時に、そのお金がないと困ってしまう人に対して残すものです。
例えば、お子さんがいて教育費がかかるので、生命保険がないと困るなどの場合です。
基本的には、上記のような例を除き必要がないものだと考えています。
加入をするときには、このお金がないと誰が困るのか?ということが大事です。
例えば自分が亡くなったら両親が困るからお金を残すために保険をかける。というのだと少し掛ける意味が変わってきてしまいます。
基本的には独身であれば必要がないです。
そしてもう一つ、保険金額も掛けすぎてはいけませんか。
もらえる保険金額があがれば、その分保険料もあがってしまいます。
そこを考えることで、不要な保険が減っていきます。
例えば夫婦二人暮らしでお子さんもいないですが、生命保険に1億円かけているとなると、保険料がその分高くなります。
本当に困る金額のみかけていきましょう。
是非一度冷静になった時に考えてみて下さい。
窓口に行って即決だけはしないように気をつけて下さい。じっくり考えて加入をオススメします。

見直しのポイント

  • 損害が大きく確率が低いものに入る。
  • 生活防衛資金でまかなえるものは、入らない。
  • 必要なものはしっかり入る。

こういった考えをもって、保険をかけすぎていないか見てみてください。ただし、必要なものはしっかりかけましょう。何かあったときに支払うことができないのが一番困ってしまいますので。

ポイントとしては確率が低くて、損害が大きいものにかけましょう。何かあったときに人生が一気に変わってしまうようなところは保険をかけていくようにしましょう。自分の資金で対応できるものは基本的に保険はかけなくてもよいという話です。

実際私は家族がいるので、自分がなくなった時用の生命保険500万円、家の火災保険、車の任意保険のみです。基本的にどの病気になるかはわからないけども生活防衛資金で対応ができるため入っていません。あくまでお金がたまる前は医療保険も必要になると思いますので、そこだけ注意をしてください。
生活防衛資金に関ては下記のリンクを参考にしてみて下さい。

保険加入の注意点

保険加入時の営業トークに節税になるのでおすすめですよと言われることがあります。
もちろん保険は保険料控除が利用できるので、利用できるものはしたほうが良いです。
ただしここで注意点は、1000円の節税をするために10000円のいらない保険に入ってはいけないということです。
保険は節税をするためのものではなく、万が一のために備えるものです。
不要な保険に節税メリット以上のお金を払いすぎないように気をつけて下さい。
節税だけでなく、商品自体のメリットもしっかり考えましょう。

保険は定期的に見直しが必要

保険ですが、一回決めたらそれで終わりではないので注意して下さい。
年齢が上がってくれば、必要な保険も変わります。
お子さんが生まれたり、成人されたりなどイベントが起きるごとに変わってきます。
保険は常に入らなければ良い、入っていれば良いというものではないので、定期的に見直しをして今自分が必要としている保険に入るようにしましょう。

公的保険の改悪は進んでいく

民間保険に入るときに考えるのは、公的保険の制度の充実です。
現在とても充実していますが、年配の方の負担が1割から2割の人もできたりと改悪は進んでいます。
これには少子高齢化が進んでいることが原因です。
イメージをすると今まで例えば4人で1人を支えていた制度が2人で1人を支えているイメージです。
社会保険料も少しずつ上がってきています。
公的保険は今後改悪が進む前提でどれくらいの保険に入るかも検討は必要になってきます。
私は今後定年前までの医療費負担は5割までは上がるだろうという前提で動いています。

世の中の動きを考えつつ、医療保険の見直しをしてみてください。
私はここまで考えたうえで、不要論は伝えています。
なので、この記事では絶対必要ないという伝え方はしていません。
こういった背景も知ると、一概に保険不要論をうのみにしてはいけないことも見えてきます。
この辺りまで考えたうえで、各家庭に合った決定をしていきましょう。

保険解約の注意点

保険解約の際不要論の盲信の注意もありますが、体に不調などがある場合は抜けたら今後入るのが難しくなることもあります。特に医療保険は自身の健康状態で入れないこともあり得ます。

必ずここは意識して、解約を進めてください。あれもこれも何でもかんでも抜けてしまうと後で後悔することもありますので、注意してください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
一緒に楽しい節約、倹約生活を送っていきましょう。
また更新をしますので、よろしければ他の記事も読んでいって下さい。
ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました