目標に向かって進むとき、お金の取捨選択方法!!支出と収入のバランスを見ながら節約が大事。

目標
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです!!
今回は目標に向かって進むとき、ついつい金額を把握せずになんとなくでやっていませんか?
貯金をする上でゴールを決めた後のやり方も大切です。
ゴールをきめても、進む道を間違えたら本末転倒です。


じゃあどうやってやればよいの?ということになりますので、目標を決めてからの方法をこの記事で説明をしていきます。
大切なのはお金を使うときに取捨選択をすることです。
すべてに対して節約をしていたら疲れてしまいます。

使うところは使い、節約するところは節約をすることが大切です。
私も実際節約できるところはしていますが、例えば健康のためのものや歯など大切なことには糸目をつけず使っています。
お金を貯めるのが目的ではなく、目的のためにお金をためています。ここがずれてくるとお金を貯めること自体が目的になってしまい、お金を使うことがすべて悪と感じるようになることもあるので注意が必要です。


それではいつもどおり結論から入らさせていただきます。

結論
  • 目標を決めてから、節約をすることが大事
  • 支出の優先順位をつけよう。優先順位が今後の考え方の指針になる
  • 支出ごとにかかっている金額を書く。金額がわかることでどの節約をすれば目標達成できるかがわかる。
  • 目標の達成基準を決めるときの注意点

目標を決めてから、節約をすることが大事

まず一番最初にやらなくてはいけないのが、目標を決めることです。
お金をためてお金を眺めて喜ぶのが目標という方は限りなく少ないです。


自分が何のために節約をしてお金をためたいのかを決めることが大事です。
目標があるかないかは、節約のモチベーション維持に大きく関わってきます。
目標があることで、少し辛いときも何のためにしているかが見えてくることで目標のために頑張ろうとなれます。

目標がないと何かが起きた時に辞めてしまう方も多いです。
そうならないためにも是非目標を立ててみて下さい。
おすすめは長期的な目標と短期的な目標の両方があるとモチベーションを維持しやすいです。

目標の立て方と注意点に関しては下記の記事に詳しく書いていますので、気になる方は見てみてください。

支出の優先順位をつけよう。優先順位が今後の考え方の指針になる

目標が決まったら次にやる大切なことが、優先順位をつけることです。

今ある支出を並べて、自分にとって大切な順番に並び替えてみてください。最初は面倒ですが、一度やると今後どういった基準でお金を使う使わないを選択をする基準になります。

例えばスーパーでの食費、服代、ゲームの課金、ガソリン代
と支出があった時に、自分にとってどの順番で大切にしているかです。
服よりもゲームの課金が上の人もいれば、食費よりもゲームの課金が上の人もいます。
順番は人によって違うからこそ、自分で考えることが大切です。

ここで大切なことは、自分にとって大切なことを把握することです。
間違っても世間体を考えてや人の意見だけで決めないようにしてください。
人の意見を聞いてもよいですが、最初は自分で決めることが大切です。
理由は人の意見を聞いてからになると、その人に考え方が頭に残り自分の優先順位でなくなってしまうことがあるからです。

もちろん自分で決めた後にいろんな人の考え方を参考にすることも大切です。
それを聞くことで、自分にとって本当に大切なものが見えてくることもあります。

支出ごとにかかっている金額を書く。金額がわかることでどの節約をすれば目標達成できるかがわかる。

支出ごとにかかっている金額を追加してみて下さい。
優先順位だけでなく金額がわからなければ、どこを節約していくことで目標達成をすることができるかがわかりません。
そのために金額を入れていくことが大切です。
例えば趣味の漫画に3,000円、アマゾンプライムで500円、外食に3万などです。
どれを減らすことでいくら支出が変わるのかわかることで、どれを選択するかがわかりやすくなります。

目標の達成基準を決めるときの注意点

重要なことは優先順位が低く、満足度が下がらいかどうかということです。

大きい金額節約できるからと大きいものからやっていたら楽しみがなくなってしまうこともあります。自分にとって優先順位が低いものから是非やってみてください。
金額が大きいからよい、小さいからよくないではないです。
目標に近づいて、今の人生が楽しくなってしまったら本末転倒です。


例えば、飲み物を変えるだけでも1日では小さいですが、一年で考えたりすると大きな金額になります。
飲み物の削減に関しては下記の記事でまとめていますが、年間10万以上変わってきたりします。
一回100円は200円の差ですが、積み重なると大きな金額になります。
金額が低くても回数が多いものは大きな金額なるので、是非見直してみて下さい。


まとめ

今回は支出の見直しの際に使う目標に向けての取捨選択の仕方について書いていきました。
何でもかんでも支出を見直して減らしていくのではなく、取捨選択をしていくことが大切です。
使うところは使う、優先順位が低いものは節約をすることが大切です。

少しでも参考になればと思います。
一緒に楽しい節約、倹約生活を送っていきましょう。
ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました