携帯プランのどこを選ぶのが良い?格安のプラン3社+1社を比較。自分にあったプランの選び方!!

携帯節約
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです!!
今回は携帯料金のプラン選び方に関してお伝えをしていきます。


ここでよくある勘違いですが、ついつい一番良いプランはどれですか?と聞きがちですが、
大事なことはどれがお得かではなく、どれが自分にあったプランかということです。
私もどれが一番お得?と昔聞いていましたが、これは大きな間違いでした。
人によって携帯の使い方は変わってくるので、必ず自分にとってどうかで考えるようにしましょう。
今回の記事で自分にとってどれが合うかを選ぶヒントも入れています。


それではいつもどおり結論から入らさせていただきます。

結論
  • 最適なプランを選ぶためには自分が使っている使用量を把握が必要
  • キャリアスマホ比較
  • 格安プラン選びの注意点
  • プラン選びの一例

最適なプランを選ぶためには自分が使っている使用量を把握が必要


まず大前提として全員に万人受けするプランはないということです。

私と読んでくださっている方が同じプランが向いているとは限りません。
そこで大事になるのが、自分の毎月の使用量を把握するというところです。
通話をどれくらいしているのか?通信どれくらい使っている?サブスクはどんなサービス使っている?というところです。
現在は20GBでも問題がないPOVOやAHAMOなども出てきています。

ですが、3GBなどのUQモバイルのプランなどもでてきています。
3GB以下のUQモバイルの新プランをメインの主軸として考え方も大切です。
実際に渡しはAU→POVO→UQモバイルと変更をしています。
その時の自分にあった安いプランが一番大切です。
UQモバイルなど3GB以下のプラントの比較は下記の記事に詳しくありますので、参考にしてみて下さい。



今回は3大キャリアが出した格安プランと楽天モバイルをそれぞれ比較をして、どれを選ぶのが自分にあっているのか決めてもらえる用に作成をしました。

キャリアスマホ比較

 POVO(AU)AHAMO(ドコモ)LINEMO(ソフトバンク)楽天モバイル
料金20GB▲2,728円▲2,970(通話5分無料付)▲2,728円○2,178円(1GB以下無料)
SNS(ギガ消費)××〇LINE無料
長時間通話▲1日だけなら××○通話無制限(回線難あり)
家族割▲(申込みでカウントのみ)(新規はNG)▲カウントのみ×
回線×一部時間帯で制限あり☓エリアがまだ狭い
還元ポイント☓3000☓3000▲10,000○25,000(スマホ本体購入時)
キャリア決済○そのまま引継☓使えなくなる▲一度解約後使用
海外使用×

実際の4月当時の比較表がありますので、アップいたします。

ざっくりこんなイメージでまとめています。

ただし、POVOに関しては新プランでPOVO2.0が出てきました。そちらの詳しい下記の記事で
POVO1.0とPOVO2.0の比較をさせていただいております。
どこが便利になってどこか不便になったかも含めて記事にいたしました。ここで記載をすると長くなってしまうので、詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

格安プラン選びの注意点

格安プランお得なのわかったけど、私毎月50GBとか使うけど、それでもお得なの?というところも大事です。
毎月50GBとか使う方は以前のプランのほうがあっています
ただし、そのうちに1日で一気に30GBとか使う日があるだけという方はPOVOの1日使い放題がありますので、それとのバランスを見てみてください。
ただし、そもそもでそういった方の場合は、通信量を何に使っているのか?不要なものに使っていないか見直すことも大事です。

例えばアマゾンプライムの動画を外で見るのであれば、自宅にWIFI環境があるのであれば、そこでダウンロードをしておけば、外で通信量はかからなくなります。
必ず格安プランが向いているわけでは有りません。
格安プランでも家族との関係もあるので、そこもうまく考えながら実行をしてみてください。
家族割が消える、そういった場合逆に損になるのかどうか検討してみて下さい。
家族も一緒に乗り換えられるのがベストですが、変えることに嫌がる人もいると思いますので、注意して下さい。

プラン選びの一例

通話はほぼ使わないような人であれば、POVOがよいが、通話をするならAHAMOのほうが良いとなります。

さらにahamoの場合は海外仕様には強いとなるので、海外利用もすることがある場合はahamoがおすすめです。
これから申し込みをしたいという方は下記リンクで公式の申し込みサイトに飛べますので、必要な方は申込みをしてみて下さい。

楽天モバイルのURLは下記から申し込みができます。

プランによってメリットデメリットは必ずあります。似たようなプランでもしっかり見てみると違うところがたくさんあるので、ぜひ見てみて下さい。


皆さんで楽しい節約、倹約ライフを送っていただければと思います。
ここまで読んでくださりありがとうございます。
また更新をしますので、よろしければお付き合いください。
ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました