家族でお金の価値観の共有はできていますか?ここがずれると後々大きな問題に!?大きなことほど共有をしましょう!

節約考え方
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです。
今回は家族で価値観を共有をする大切さについて、書いていきます。
家族で考え方はスタート時点で違うことがほとんどです。


ですが、共有をしていなかったからこそ大きな問題になってしまうことも多いです。
例えば、持ち家を買うのかどうか?子供は私立に入れたいのかなど大きなところはたくさんあります。
細かいところは後からでも大丈夫ですが、大きいところは早めに共有をして話し合いをしておくことが大切です。

あとでこんなはずじゃなかった取らないためにも価値観の共有をしていきましょう。


それではいつもどおり最初に結論から話しをしていきます。

結論
  • なぜ価値観の共有をする?
  • 実際にどんなことをしておくとよいかの具体例
  • 実際の失敗談
  • 価値観共有の注意点

それでは本題に入ってきます。

なぜ価値観の共有をする?

みなさん家族でお金の価値観の共有はできていますでしょうか?ここがずれていると夫婦間で行き違いがあったり大きな問題に後々なってしまうことがあります。

価値観の共有ができていないことが原因で大きなけんかや別れてしまう原因になってしまうこともあります。
例えば家を買う、賃貸が良い。これはよく節約の話でも出てきますが、ここの感覚はお互いに寄り添えるところであればよいですが、絶対に譲れないところであった場合はこれが大きな喧嘩の原因にもなります。


そうならないためにも、お子さんの人数、家を買う買わないなど人生で大きな分岐点になるところはすり合わせをしておくことが大切です。

実際にどんなことをしておくとよいかの具体例


実際の具体例ですが、私の家では失敗も含めて下記を行う必要性があるとなりました。

具体例
  • ポイ活に対しての考え方
  • 現金派かクレジット派か
  • 投資などをすることができるのか(抵抗がないか)
  • 家を購入するかどうか?
  • 子供の人数をどうしたいか
  • 学校は私立公立どちらがよいか(子供のすきにしたいという場合は私立で資産形成)

上記に上げたあたりを先にすり合わせをしてから子供を授かったりすると、今後の資産形成でこんなつもりじゃなかったということが減ります。

小さな行き違いはあることもありますが、大きいイベントでずれてしまうと今後の資産形成が全く違うものになってしまいます。
大きなことでなければ、少しずつ一緒にいる間にすり合わせでよいと思います。
大きいところを押さえて、小さいところはコツコツすり合わせが良いと思います。
大きなところは注意をしていく必要があります。

実際の失敗談

私の失敗談に関してです。

私は昔満足度のことを後回しにして、節約をしていた時期がありました。何も買わない。電気つけるのは悪。今考えるとかなり行き過ぎています。
これを同棲をし始める直前までしていました。そこで奥さんにすごく怒られました。


今までそんな生活をよく続けられたといわれました。
それまでおかしいということに気づけなかったのです。
誰かにいってもらわないと気づけないことはたくさんあります。
助言してくれる人を大切に今後もしていきたいですね。

価値観共有の注意点

  • 大きい価値観の共有は一個ずつコツコツやる
  • 気持ちに余裕があるときに行う。

具体例を挙げましたが、一気にやるとお互いにつかれてしまいます。
大きいところ一つ決めたら少し落ちついてからまた次に行くのがおすすめです。


焦りすぎると、決めることが重要になりお互いが寄り添えなくなってしまいます。
お互い気持ちに余裕があるときに、価値観共有はおすすめです。
私の家もお互いに機嫌が悪いときは変化をするような話はしないようにしています。


理由は、変化を二人ともあまり好むタイプでないので、余裕がないときだと理不尽な対応になってしまうからです。
変化は大切ですが、急激な変化はお互い余裕のある時がおすすめです

家を購入をするところでも大きなお金が動くので、すり合わせに時間がかかりました。もう少し早い段階で進めておけばよかったです。同棲をすると決まって結婚を決めるなら、そこですでにしておくのが個人的にはおすすめです。


家を購入するかしないかは資産形成でかなり大きく変わってきます。
タイミングは各家庭として違いますが、価値観の共有していきましょう。

まとめ

今回は家族での価値観の共有の大切さについて話をしていきました。
価値観はみんなそれぞれ違いますが、共有をすることは大事です。
お互い思っているだけでは、伝わらないので大きいところはしっかり抑えていきましょう。

もちろんお互い話しをしないこともあります。すべてを共有をして秘密なんて全てなしという極端な話ではなく大きなところを抑えていきましょうということが大事です。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
みなさんで楽しい節約、倹約生活を送っていきましょう!
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました