スーパーの安売り探してのはしごに注意!!買い物の時に買う順番でもストレスに!?

お金のため方
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです。
みなさんスーパーの安売りは大好きですか?
こんなタイトルで始めている私も大好きです。
今回はスーパーの安売りのはしごがいけないという話ではありません。
スーパーのはしごをする際の注意点を考えてほしいという内容です
スーパーの安売りのはしごをしていると得をしているつもりが実は損をしているなんてこともありえます。
怖いところは気づかぬうちに損をしているところです。

それではいつもどおり結論から入らさせていただきます。

結論
  • スーパーのはしごを減らして買い物はできるだけ回数を少なくする。
  • ガソリン代、自分の時間も計算をする。
  • スーパーのはしごの注意点
  • はしごの時の注意を踏まえてルールを決めることが大切
  • スーパーに行くのが面倒な方はネットスーパーがおすすめ

スーパーのはしごを減らして買い物はできるだけ回数を少なくする。

スーパーのはしごって安売りを見るとついついやってしまいがちですが、それが企業側の狙いです。

なぜかというとチラシを見てきてもらえれば、それだけついついお菓子を買ったりなど他のものも買ってしまうものが増えてしまうからです。
これは安いものを求めてはしごをする人によくあります。
だからこそ週2回など回数を減らして行うのがおすすめです。
家庭の状況によってまとめ買いできる量は変わると思いますが、回数を減らせるようにすることが大切です。
買い物に行っても余計な買い物は一切しないという人は良いですが、そこまで鉄の意志でできる方は少ないので、可能な限り少ないほうが良いです。

ガソリン代、自分の時間も計算をする。

ガソリン代や自分の大切な時間を考えずに、安売りのはしごは注意が必要ということです。
なぜなら、10円安く買えるものがあるところに20円のガソリン代をかけていったりしたら
時間もかかり、お金も多くかかります。
例としては今いるスーパーはたまごが120円
でも隣町のスーパーに行けばたまごが100円で売っている。

こんなときついつい安い方に行ってしまいがちですが、実際には隣町なのでガソリン代も20円かかり結局時間もかかってお得になっていない状態になります。
いくら安くても時間とガソリン代を切り売りしたら、トータルでマイナスになってしまいます。
トータルで安いかで見ていくことが大切です。

スーパーのはしごの注意点

・ガソリン代が頭に入っていないと得をしたと勘違いをしたままになってしまうことが多いことです。
じゃあ自転車で行けばガソリン代かからないよということになるかもしれません。
でもよくよく考えてもらうとわかるかもしれませんが、10円のために何分も自転車を走らせることは、自分の買い物の時間を10円で買っているようなものです。
大切な人との時間、大切なことにその分時間を使ってください。

買い物の順番を考える必要が出てくるということです。例えばアイスが安いお店は最後にしなくてはいけないなど、効率の悪い回り方をしなくてはいけなくなる場合はどこかを減らした方が良いです。
買い物の順番でストレスを大きくかかりすぎると、それ以上の満足度が大きく下がってしまいます。
バランスを見ながら進めることが大切。

・エコカゴやエコバックに入れる手間も増え、ない場合は各お店で袋代がかかってしまうのも注意です。
各店舗でレジに並んだり、袋などに詰めたりしなくてはいけません。
手間も大きくかかるため注意が必要です。

はしごの時の注意を踏まえてルールを決めることが大切

実際安売りがあるとはしごをすることはどうしてもあります。
もちろん私もすることがないわけではありません。

じゃあいってることと違うじゃないかとなると思いますので、私がやっていルールの紹介です。
一定のルールを設けることで節約とかけ離れなくなります。

・まず大前提としてガソリン代、自分の時間を考えて、それ以上にお得になるのかどうかを考えます。
例えば車で3分のところによるとなる場合500円以上そのお店でお得にならないのであれば絶対に行かないようにしています。
理由はそもそもガソリン代もかかり時間もかかってしまうからです。

時間がないときははしごをせずに1店舗ですべてを多少高くてもすませるようにする。
時間がないことでストレスを感じるぐらいなら、少しお金を出して気分よく買い物をできたほうがそのあとのパフォーマンスが良くなります。

家族がはしごをしないことにイライラをしないことです。
はしごをするのもしないのもその人の考えがあってやっていることです。
こういう風にしたらこうなるよというのは伝えても、反応が悪い場合はそのあとは触れずに引くことが大切です。
はしごをして得られる利益よりも家族がバラバラになってしまうほうが間違いなく損失は大きいです。

スーパーに行くのが面倒な方はネットスーパーがおすすめ

買い物に行くのが面倒な方はネットスーパーを利用するのも一つの方法です。
関東に住んでいる方は下記のようなところがおすすめです。
有名なスーパーだからこそ、ネットで注文をしておいて受け取るだけもできます。
もちろん自宅へ届けてもらうことも可能です。コロナの状況もあり、店舗でぐるぐる回りたくない人も、こういったサービスの利用はおすすめです。
もちろん各地域にネットスーパーはあると思いますので、是非そちらを利用することも検討してみてください。

まとめ

欲望も抑えて、お金もかかる時間もかかるとなると本末転倒になります。
お得と錯覚をしたまま進んでしまうと実際には損をしていることもあるので注意をしてください。

自分の中で一定のルールをもってはしごをしていって、お金だけでなく時間も有効に使っていくことが大切です。
少しでも参考になればと思います。
ここまで読んでくださりありがとうございます。
楽しい節約、倹約生活を送ってください。
ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました