お昼ごはん(ランチ)を変えるだけで【年間21万節約!?】コンビニや外食も適度な回数がおすすめ

食費節約
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、けんけんです。
皆さんお昼ごはんどのようにして過ごしていますか。

私の会社では外に毎日食べに行く人、毎日コンビニなどで買ってくる人も多いです。
これが1年間、一か月でどれだけかかっているか計算したことありますか?
ランチも毎日あるからこそ意識することが大切になります。
もちろん外にみんなで食べに行くことで、コミュニケーションもはかれたり、贅沢をしたい日もあるので、バランスが大事です。節約になるから0にするではなく、心地よいところを決めていくことが大事です。
一回で大きく節約するよりも毎日起きる日常的なところを節約をすると思っていたよりも大きな節約になることがたくさんあります。

それではいつも通り結論から入っていきます。

結論
  • なぜランチの見直しが大切なのか!?毎日あるものこそ考えるとその差は大きい!!
  • 実際にどれくらい変わるのか?
  • 見直しの注意点

なぜランチの見直しが大切なのか!?毎日あるものこそ考えるとその差は大きい!!

ランチの見直しが実は意外と大切です。
理由は成果が大きいからです。そんなこと言ったって1日 数百円 じゃんといわれるかもしれません。
でもその数百円も毎日繰り返せば大きな金額になります。
皆さん携帯の見直しなどもされた方もいると思います。一か月で5000円や1万円安くなっている人もいます。
ですが、人によってはそれ以上の金額になることがあります。
1日400円変わった場合、1ヶ月で約12,000円変わることになります。1年だと14万以上変わります。
たった数百円かもしれませんが、その数百円も1年続けると大きな金額になります。

実際にどれくらい変わるのか!?実例紹介

自炊(冷凍食品とごはん)の場合平均で150円前後でお弁当が一食作れます。外食の方は800円~1200円コンビニの人は700円~1,000円ぐらいです。
1日でも600円から1000円違いが出てきます。
しかもこれが毎日繰り返されています。
これを1年で考えてしまうと低く見ても20万以上の差が出てしまいます。
毎日あることは、一回の金額が小さくても1年で365回行われるので、コツコツ行うことが大切になります。


毎日でなかったとしてもコツコツやることで、資産形成をする第一歩になります。
ただし、満足度が急激に下る場合は頻度ややり方の変更をするようにしてください。
お金が溜まっても今が楽しくなくなってしまっては本末転倒です。

同じような考え方で飲み物でついつい自動販売機やコンビニで購入をしてしまうことってどうしてもあります。
ですが、これをいくら使っているか把握していますか?
実はここも金額にすると10万円以上年間で変わってきます。


是非一緒に見直しをして自分の心地よいバランスを見つけてみてください。
自動販売機の節約は詳しく話をすると長くなりますので、下記の記事を参考にしてみてください。

ランチ節約の注意点

じゃあ外食しなければよいのかと思う方もいらっしゃると思います。
私もですが、たまにはご褒美で食べて良いです。ただ、外食の回数を減らすことで大きな資産形成の助けになるということです。
外食してはいけないとなると苦しくなるので、最初は週に1日自炊の日を増やすなどコツコツすすめること大事です。


嫌になってやめてしまっては本末転倒です。

まとめ

今回はランチの見直しに関して記事に書かせていただきました。
1回の金額が少ないとついついそんなちまちましたことと思いますが、毎日繰り返すことだからこそ、一回その流れを作ってしまえば大きな削減になります。

ただし、継続することが一番節約で大事です。
継続ができなければ、結局お金はたまらなくなってしまいます。
子供のときの500円玉貯金と同じ原理です。

一回は少ないですが、気づけば数万円など溜まっていたりします。
でも途中であけてしまえば中身は0円にすぐ戻ってしまいます。
大きな一歩は小さな一歩からです。
コツコツためて、楽しい節約、倹約生活を一緒に行いましょう!!

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました